精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~

医療

解消する方法

家族のサポートが大事

落ち込み

人間には感情があります。感情があるから精神不安定になるのです。例えば失恋した時など、誰でも気持ちが激しく揺れ動き、落ち込みます。このような精神不安定は時間の経過によって解消されます。しかしこのような気持ちの揺れ動きが何度も重なると、解消できなくなります。このような時は専門医の診察を受けることが大切です。精神不安定には性格もかなり影響します。失恋しても一晩眠れば落ち着く人もいれば、立ち直れなくなる人もいます。大事なのは本人の性格を熟知している家族が、やさしくサポートすることです。ガンバレとかしっかりしろなどと強制するような言動は厳禁です。本人が精神不安定を自覚しているなら、それほど心配はいらないのです。問題は本人が自覚していないことです。自覚していないと、自分で心の動揺に対処できないのです。そうなると自分で自分を責めたり、家族を責めたりして精神不安定から抜け出せなくなります。そうなる前に、本人の性格を熟知している家族が専門医に見せることが大事です。

情緒不安定の原因を知る事

精神不安定は性格によるところが多いのですが、食生活も影響することがわかっています。特に食品添加物の多い食べ物ばかり食べていると起こりやすくなります。これは体内の善玉菌が減少し、悪玉菌が増えるからです。悪玉菌は気持ちを安定させるセロトニンという成分を減少させるのです。精神不安定を解消するためには、外食やファストフードを減らすことも必要です。同じように糖分の取り過ぎも血糖値を急に下げるので、イライラしやすくなります。特にジュースや清涼飲料水に含まれている果糖ブドウ糖液は血糖値の急激な変化を引き起こすので、注意が必要です。精神を落ち着けるには、なるべくストレスを溜め込まないことが大事です。そのためには良質の睡眠をとることです。夜更かしをしないでリズムのある生活習慣を身につけると、体内のセロトニンが増え、気持ちが安定します。また定期的に運動するのも、自律神経を整えて気持ちをリラックスさせる効果があります。精神不安定な状況から抜け出すには良い方法です。

Copyright©2015 精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~ All Rights Reserved.