精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~

医療

心のバランス

情緒不安定の対処法とは

落ち込み

境界性人格障害やアダルトチルドレンなどの症状があるために情緒が不安定になってしまっている人がたまにいます。そのような場合は、家族だけで何とかしようとはせずに、心療内科等を受診して専門家のサポートを受けるようにするのが一番です。ただし、心の病とまではいかなくても、精神不安定になってしまうケースがよくあります。機械ではなく人間なのですから、情緒に波があるのは、ある意味で当然のことです。たとえば、会社や学校で多大なストレスにさらされ続けているうちに精神不安定になってしまう人がよくいます。また、子供から大人へと成長していく過程で精神不安定になってしまうケースもよく見られます。さらに、女性の場合は、結婚や妊娠・出産などで自分を取り巻く環境が大きく変わり、その変化に上手くついていくことができずに精神不安定になってしまうケースがしばしばあります。妊娠・出産の場合はホルモンバランスの変化の影響も受けますので、医学的なサポートも必要になりますが、全ての場合に共通して言うことができるのは、本人を支える家族の理解がとても重要になってくるということです。情緒が不安定な人は、自己評価が低く、大きな不安を抱えている場合が多いです。しかし、家族が本人の不安な気持ちをしっかりと受け止めてやるようにしていれば、少しずつ落ち着いていくことができます。

医療機関の利用

精神科や心療内科に対してあまり良いイメージを持っていない人が少なくありませんが、これらを上手く活用することで、精神不安定状態から早く抜け出せるようになります。たまに、本人の気持ちの持ちよう一つで精神不安定状態など克服できるはずだと言う人がいますが、精神論の押し付けは逆効果になってしまう可能性が高いです。改めて言うまでもないことですが、ストレスなどによって心が疲れきっている人に「頑張れ」という言葉は禁句です。そのような言葉は本人を余計に苦しめてしまうだけになりますので、言葉の選び方には注意する必要があります。どのような行動を取るべきかを具体的にアドバイスするのはよいですが、本人の不安や苦しみを無視した漠然とした声かけは避けるのが望ましいです。本人の心が疲弊しきっている場合は、まず精神科や心療内科を受診して心の負担を軽くする薬を出してもらうようにするとよいです。最近では、副作用の心配がほとんどない良い薬が出ていますので、安心して利用することができます。薬の力を借りて心を落ち着かせることができれば、その後は患者自身の力で精神不安定状態を克服していけるようになります。

Copyright©2015 精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~ All Rights Reserved.