精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~

医療

精神が不安定なときは

精神が不安定なときは

楽しい

ストレスが多いと言われる現代社会においては、精神不安定な状態に陥っている人は見かけることが多々あります。そのような状態において人は、冷静な判断力を欠いたり、仕事が手につかないような、いわゆる「うつ状態」に陥ったりしてしまいます。ここでは、精神不安定の状態に陥らないために注意すべきことと、万が一精神不安定の状態に陥ってしまった場合の対処方法について考察していきたいと思います。精神不安定の状態に陥らないために注意すべきこと、それはストレスマネジメントについてです。ストレスが多い現代社会においては、いかに小さなストレスでも、蓄積されないよう工夫していく必要があります。ストレスとは、社会的ストレス評価法に見るような、配偶者の死や離婚などといった、大きな社会的イベントに由来するものばかりではありません。例えば、少し寒い、少し肩が凝っているなどといった、ちょっとした心身のストレスも、積み重なることによって、やがて大きなものとなります。それが知らず知らずのうちに、人の精神を蝕んでいきます。

万が一、不安定になったら

精神不安定の状態に陥らないために大切なことは、小さなストレスを見逃さずに、その都度、それを解消していくことだと述べました。そのためには、生活習慣や食生活を見直し、適度な運動を心がけることが最も効果的と言えるでしょう。タバコなどの習慣がある人は、それを控えるよう工夫することも、長い目で見れば大きなストレス解消となります。飲酒の習慣がある人は、適量を心がけると良いでしょう。飲酒・喫煙に関しては、くも膜下出血や心筋梗塞など、致死性の強い病気の予防にもなります。それでも万が一、精神不安定の状態に陥ってしまったら、環境が許す範囲において、考えることや動くことを一切やめ、心身の休養を最優先にすると良いでしょう。十分な休息を取れば、多くの場合は意欲が回復してきます。その時に改めて、生活習慣や食生活を見直してみると良いでしょう。また、自分でストレスの原因を模索したり、専門家にカウンセリングなどを以来し、自己を客観的に見直すのも良いでしょう。それでも回復してこない場合は、専門的な治療が必要となるでしょう。

Copyright©2015 精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~ All Rights Reserved.