精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~

医療

穏やかな生活を心がける

サプリメント

人が快適に生活していくには気持ちの持ちようがとても大事だとされますが、そのためにも精神が安定していることが求められます。現代人は精神不安定な状態に陥りやすいとして、ライフスタイルに工夫がいるようになります。

詳しくはコチラ

カウンセリングが大切

楽しい

精神不安定とは、気持ちの状態が安定していない状態を指します。感情の起伏が激しくなり、突然泣き出したり怒りっぽくなったりするのが特徴です。あまりにも感情の起伏が激しくなりすぎると、生活においても支障が出る場合もあります。そのため、医療機関への早目の受診が重要です。

詳しくはコチラ

精神が安定しない時

サプリメント

日本ではうつ病をはじめとする精神疾患の患者が増えていますが、完全な病気とまでいかなくても、日々のストレスで精神不安定が悩みとなっている方は多いです。しかし、自分自身がそのような状態に陥っていることに、気付かない人も多いのが現状です。精神不安定な時は、性急な決断をしがちになります。たとえば、会社のストレスが大きくなると急に会社を辞めてしまおうという気持ちになったり、主婦が家事を全て放棄しようという気になったりします。この性急な決断は人生に大きく影響を与えることがある一方で、その精神不安定な時の決断を後悔するケースも多々あります。そのため、精神不安定な状況では人生に関わる一切の決断をしないと決めておくことが大切です。仕事の決断だけしないというような部分的な対処では、精神不安定な状況を乗り越えるには甘いため、思い切って「一切決断しない」と思うことで、後々の大きな後悔を防止したり、最小限に食い止めることが可能になります。精神不安定な時には、決断を保留するというルールを自分の中に作っておきましょう。

精神不安定という時の「不安定」にはそもそもどのような特徴があるのでしょうか。精神不安定な状況とは、気持ちが揺れ動くということと言えます。更に、ただ揺れ動くだけでなく、マイナスの方向に大きく揺れるという特徴があります。ストレスの原因となる会社や学校、家庭の問題で精神不安定に陥ると、脳では楽観的な気持ちに関わる物質や気持ちを静める物質の伝達が阻害されたり、バランスが崩れてしまいます。これによって気持ちはますます落ち込み、ついつい物事をマイナスの方向に考えてしまう傾向にあります。しかし、精神不安定な状態とは自分を見直したり、自分のこれからの人生を再考する良い機会であるという特徴もあります。日常生活では意識的に感じられなかったストレスが、精神不安定を機に顕在化し、自覚できるようになるため、心身がストレスで壊れてしまう前にストレスを認知する防御的な反応とも考えられるわけです。精神不安定は悪い状態と捉えがちですが、このように自分と人生を見つめ直す絶好の機会とも言えるでしょう。

精神が不安定なときは

楽しい

精神不安定の状態に陥らないためには、ストレスマネジメントが大切です。小さなストレスを溜めずに、その都度、それを解消するために努力することが大切です。生活習慣や食生活を見直し、適度な運動を心がけましょう。それでも精神不安定になったら、心身を休め、回復を見て、生活改善へと取り組みましょう。

詳しくはコチラ

解消する方法

落ち込み

人間には感情があるので誰でも精神不安定になります。大事なのは慢性的になる前に専門医に診せることです。食品添加物の多い食べ物を取りすぎると、気持ちを落ち着ける体内の成分が減少します。またストレスを溜め込まないで、定期的に運動をすると精神不安定から抜け出せます。

詳しくはコチラ

心のバランス

落ち込み

何らかの原因で精神不安定状態に陥ってしまうことがしばしばあります。家族の誰かがそのような状態に陥ってしまった場合には、家族が一丸となって本人を支えてやることが回復への近道になります。また、精神科や心療内科の利用も有効です。

詳しくはコチラ

Copyright©2015 精神不安定をコントロール~将来後悔しない秘策~ All Rights Reserved.